医療事務の資格をとるには

医療事務に今後、期待されていることは?

現在、日本は高齢化社会であり、これからもどんどん患者数は増え
医療事務の仕事も多くなってきます。

 

例えば老人保険制度に関していえば、高齢化で保険の対象者が増えることで
患者の自己負担額よりもはるかに高い費用を保険者にきっちり請求する必要があります。

 

日本の病院経営は年々、厳しくなってきていて
しっかり診療報酬を請求して収益をあげることが大事です。

 

そのため診療報酬請求業務を行う医療事務スタッフが
ますます医療機関の要として活躍が期待されているのです。

 

また、病院や診療所などの医療機関は
経営の効率化を図るために医療事務の仕事の中でも
特にレセプト業務を外部委託する傾向が増えてきているため
医療事務代行業や派遣会社などでは
医療事務ができる人材を確保しようとする動きが活発になってきています。

 

外部委託といっても医療事務の業務自体は
その医療機関で行うことになります。

 

正社員が減って派遣社員が増えていることになりますが
その分、勤務形態などが選べるようになるためより働きやすくなったとも考えられます。

 

更に、派遣会社ではレセプト業務を指導できる人材を医療機関に派遣する機会もあるため
医療事務のスペシャリストになれば、それだけ活躍できる場が広がります。

 

医療事務の仕事は、その中でも色々な種類があり
それをさらに細分化して専門性を高め
患者へのサービスに還元しようとする動きがあります。

 

そして診療報酬の請求をされる健康保険組合や
地方自治体などの保険者側でも、診療報酬の過誤請求などを防ぐため
医療機関から流れてくるレセプトの点検を行っているので
レセプト点検を専門として担当する人材の必要性も高くなってきています。

 

医療事務の業務には患者数の動きや病床利用状況などの
統計を作成したり分析する統計作業もあります。

 

特に大学病院などの大規模な病院では
医事課に集まる膨大な収支などのデータを整理・分析することで
病院の経営状態の把握や、患者へのサービス向上に役立てることが出来ます。

 

このような統計作業を行う医療事務スタッフも求められており
衣装事務の知識に加え統計やデータ分析の能力もあれば
医療事務の現場だけでも、ますます仕事の幅が広がります。

 

医療事務という特殊なジャンルのため
専門的な知識やスキルばかりが求められがちです。

 

しかし医療事務の主な仕事が
患者などへのサービス業ということは考えると
知識や技術はもちろんですが
仕事に真正面から向きあう熱意も必要です。

 

知識やスキルばかり持っていて
やる気がないとか勤務態度が悪いとかで
病院の評判を下げられるのは困ります。

 

大げさにいえば、知識やスキルが不十分でも
勤務が決まってから慣れることは全然出来ますので
人として大切な部分を持っている人間が
今の医療事務の現場に求められています。

医療事務に今後、期待されていることは?関連ページ

医療事務という職業の必要性
医療事務の資格を取ります、はい。
医療事務の求職方法は?
医療事務の資格を取ります、はい。